不要なカメラは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2019年11月21日

カメラ買取店によって売却価格が違う理由

カメラ

買取というサービスを利用する時には、基本的には価格比較が推奨されます。1つのお店だけで決定するのではなく、複数店にて品物の状態を確認してもらい、価格比較をする方が良いというセオリーがあるのです。

そもそも買取を行うお店は、それぞれ価格は異なってきます。お店Aでは4,000円台で売却可能ですが、お店Bでは5,000円台という話は本当に多いです。カメラ買取にも、全く同じ事が言えます。

なぜカメラ買取では、お店によって数字の違いが生じるかというと、まず手数料に関する考え方です。そもそもカメラ買取のお店から掲示される数字は、必ず手数料が差し引かれているのです。本来の売却価格から、利益分が差し引かれているケースがほとんどです。例えば本来ならば、カメラの価値が7,000円だとします。

しかし買取店では、それを4,000円や5,000円などの価格で提示してくるケースが多いのです。理由は、もちろん手数料です。差し引き分の2,000円や3,000円という手数料が引かれて、査定額という形で提示されているのです。

ただお店によって、手数料に関する考え方が異なります。できるだけ多くの手数料を設定するべきと考えるお店もあれば、その逆もある訳です。もちろんお店の経営状態などの都合もあります。

ただどのお店がどういう手数料の考え方になっているかは、やはり査定を受けてみない事には、分からない一面はあります。ですから少しでも高く売却をしたい時には、まずは複数のお店にてカメラの状態を確認してもらい、一番高い所で売却すると良いでしょう。1つのお店だけで決めないのが肝心です。

それとカメラの在庫状況に関する問題があります。そもそも一部のお店では、何とかして良いカメラを確保したいと考えているのです。お店が買い取ったカメラは、何らかの形で再販売される事になります。自店でそれを販売する事もあれば、どこか別の業者に流すケースなど、お店によってやり方は色々です。

それで販売をするためには、もちろん在庫を確保する必要があります。在庫がなければ、利益も発生しないでしょう。

買取店としては、やはり利益は非常に大切だと考えています。ですから特定のカメラの在庫が足りないお店などは、買取価格を高めにしてくれる事もあるのです。逆に在庫が充足状況のお店ならば、価格は低めになる傾向があります。

このような様々な理由により、お店によってカメラ買取の価格に差が生じる訳です。それぞれのお店により価格は違う訳ですから、やはり複数店にて査定を受け、一番高い所に売却をするのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめカメラ買取業者
コメ兵